金融系の会社で派遣イビリ

以前は正社員として勤めていたこともありましたが、結婚をきっかけに派遣会社に登録しました。そして、5年の勤務を経て、他の企業へ移らなければならなくなり、新しい派遣先に勤務が決まったのですが、悪夢のような日々の始まりでした。

新しい会社は、金融系の会社だったのですが、アットホームな雰囲気の真逆という感じで、特に女性社員がピリピリしていました。一目で、居心地が悪そうな会社だと悟りました。でも、すぐに辞めても派遣会社にも配属先にも迷惑が掛かってしまうので、なるべく頑張ろうと決めていました。女性社員の当たりがキツく、仕事もちゃんと教えてくれないので、ミスも続きました。そのことに対して、延々と叱られることもありました。時には、全く教えてもらっていないことを強要されることもあり、完全に派遣イビリだと思いました。トイレでこっそり泣いたこともあります。でも、その時も席を外している時間が長すぎると怒られてしまい、何もかもが嫌になってしまったのです。

それでも、途中で投げ出すようなことはしたくなくて、頑張って会社には行っていましたが、ある日会社の近くに着くと、吐き気を催し、動けなくなってしまったことがありました。その場で会社に電話をして休むことに決め、家に引き返しました。その時は、頭痛もありましたし、食欲は減退し激やせしていました。やっぱり、会社に無理して行くことはできないと考え方を変え、人間関係になじめずに辞める結果となりました。契約期間は、2か月残っていました。

辞めることを決めてから、その職場の上司にあたる方と面談をして、辞めることの意思表示をしました。事前に、派遣会社にもその旨は伝えておきました。自分のされてきたことを言っても愚痴のようにしかならない気がして、派遣会社には詳しい話はしませんでした。そして、派遣会社を通じて正式に退職手続きを取りました。

私が登録をしていた派遣会社と派遣先は、古くからの付き合いもあり、長く勤めている人もいるので、私が一人辞めたところで、関係が悪化するということにはならなかったです。私よりも続かずに辞めていった人がたくさんいるのも事実で、派遣先の方も、長続きせずに辞めてしまうということには、慣れている様子でした。実際、私のポジションに必要な人も、何度も募集をかけては辞めていくという感じのようで、今度もダメだったかという程度だったようです。

私は、職場の人間関係に悩み、心が病んでしまった状態だったので、これ以上の接触は危険だと判断してもらうことができ、派遣元から派遣先に話をしてもらいました。派遣先も、無理強いはできませんし、これ以上心の方が壊れてしまってもいけないからということで、自分の荷物を自分でまとめることもなく、職場を去った形になりました。恐らく、職場の女性社員は私に対して怒りの気持ちしかなかったと思います。体調を崩したと言っても、原因が自分達にあるということは、考えないでしょう。それもまた悔しいですが、もう一生関わることもないので、スッキリと忘れることに決めました。

本来であれば、お世話になった方に直接挨拶をするべきだとは思いましたが、もう職場に足を踏み入れる勇気は、私にはありませんでした。会社を辞めた今でも、会社の近くを電車で通るたびに、胃がキリキリします。

同じ派遣会社から派遣されていた方に聞いたのですが、私の後に決まった人も、同じように続かずに辞めてしまったそうです。私が思うに、その部署は風通しが悪く、空気も悪いので、居心地が悪くて辞めていくのだと思います。だから、根本的に改善をしないと、長く続けてくれる人は見つからないでしょう。