派遣社員から正社員に切り替わるメリットとデメリット

派遣社員としての在職時に正社員の話がきた経験と、本人と派遣先の合意があれば6カ月以内に正社員になる事があらかじめ決まっている紹介予定派遣の経験のどちらもありますので、メリット・デメリット等をご紹介したいと思います。

派遣社員として入社するメリット・デメリット

面接だけでは社内の雰囲気は見えないので、まず派遣社員として、いつでも辞められる状態で実際の現場を見れるのはメリットだと考えます。デメリットは、派遣期間中はボーナスや、6カ月後に支給される有給の対象期間に含まれない事です。

派遣社員として就業後、正社員の話が来るパターン

紹介予定派遣にしないのは、6カ月以上見極めたいというパターンや、予算の都合上いつ正社員に出来るかが分からないというパターンがありました。正社員になれる保証もないので、早く正社員になりたいという方にはお勧めしません。

正社員への切り替わりまでにかかった月数

法律に則した処理をする経理事務として就業しておりましたので、業界が変わっても仕事内容は大きくは変わりません。経理の中でも、どんな仕事でも対応出来るよう仕事の幅を広げていたので、仕事を覚えるのに時間はかかりませんでした。小規模な会社では、経理以外にも労務やシステム、総務関係を兼務する場合があるので、経理以外にも仕事の幅を広げると、採用されやすくなると思います。紹介予定派遣の経験は2社ありますが、2社とも派遣期間2ヶ月程で正社員へ切り替わりました。派遣社員へ、お金などを扱う重要な経理の仕事をやらせたくないという考えもあるようで、経理事務の正社員への切り替えは早いのかも知れません。 【派遣社員と正社員の職務の違い】 アパレル業界にに就業していた時は、派遣社員の間は職種が限定されているのでバザーの手伝いに参加しなくても良かったのですが、正社員に切り替え後は、経理もバザーの手伝いに強制参加させられるようになりました。経理の場合、派遣社員には現金を扱わせない会社もありました。

派遣社員と正社員の待遇の違い

派遣社員は、月々のお給料は高めですが、年収で見ると正社員の方が60~100万程高給になりました。その他にも、正社員切り替え後は福利厚生面でかなり厚遇になりました。退職金は支給対象になりますし、交通費も所得税非課税で支給対象になります。また、派遣社員の間は電車遅延による遅刻は控除されていましたが、正社員への切り替え後は遅刻控除される事はありませんでした。派遣社員の間は、夏休みや冬休みなどは無給でしたが、正社員に切り替わると有給になりますので、有給も増えました。大手の場合、健康保険料は会社が多く負担する場合が多いので、保険料も安くなると思います。派遣の場合は、会社と派遣社員の折半が多いです。

正社員切り替え後、1年経つと産休や育児休暇も取得出来ますので、出産後も働く事を考えている方は早く正社員になられた方がいいと思います。派遣社員でずっと仕事を続けるのは難しいと思いますし、生涯賃金も大きく変わってきます。正社員は育児休暇中も雇用保険の育児休業給付金などを受け取れますので。

正社員になる事のメリット・デメリット

正社員になれば待遇は良くなりますし、簡単にクビを切られる事もありません。どんな優秀な派遣社員でも、経営不振に陥ったら、正社員の方が保護されるので、まず首を切られるのは派遣社員です。派遣社員は、いつ首を切られるか分からない状態で働かなければなりません。デメリットは、経理の職種で就業したい場合、大企業ではジョブローテーションがあり、他の職種に異動されるかもしれない場合があるという事です。正社員は転勤があるかも知れないですし、著者は転勤も職種の変更も不可能なので、ずっと勤められるように小規模な企業を選びました。